脱毛部位によって痛みの程度は違う?

気になるヒゲ脱毛の痛み。医療レーザー脱毛でどの程度の痛みが生じるのかは、脱毛を始める際に特に気になるポイントのひとつですよね。こちらでは、メンズ脱毛は部位によって痛みの程度がどれくらい違うのか、また一度の脱毛にどれくらいの時間がかかるのかなど、脱毛前に気になる情報をお伝えします。

ヒゲ脱毛の部位と痛みの強さ

一人ひとりの毛質や肌質によって個人差はあるものの、ヒゲ脱毛にはある程度の痛みが伴います。ヒゲ脱毛で特に痛みが強いといわれる部位から順に、それぞれの特徴についてご紹介します。

【痛みレベル強】鼻の下

ヒゲ脱毛の中でもっとも痛みを感じやすいと言われているのは、「鼻の下」です。鼻の下は多くの男性が脱毛を希望する部位ですが、たくさんのヒゲが密集して生えていることから、特にレーザーを照射したときの痛みを感じやすくなります。

【痛みレベル強】アゴ

唇の下からアゴにかけての範囲は、鼻の下の次に痛みを感じやすいと言われている部位です。鼻の下と比べると痛みは弱くなるものの、照射する範囲がやや広くなることから、その分所要時間も少し長くなります。

【痛みレベル中】頬

頬のヒゲ脱毛は、一般的に麻酔なしでも照射できる程度の痛みだと言われています。ただし、ヒゲの濃さに個人差がある部位であるため、毛が太い方はやや痛みを感じやすいかもしれません。

【痛みレベル中】フェイスライン

フェイスラインの脱毛も、頬と同様に我慢できる程度の痛みで、特に毛が濃い方でなければ耐えられると言われています。もみあげなど太い毛が密集している部分では、より痛みを感じやすくなります。

【痛みレベル弱】首

アゴの下から首にかけては、脱毛時の痛みが比較的弱いと言われている部位です。麻酔なしでも問題なく脱毛できる方が多く、レーザーの照射にかかる時間もそれほど長くはありません。ただし、まったく痛みが感じられないわけではありません。

所要時間が短ければ痛みを我慢しやすい

ヒゲ脱毛の所要時間は、いずれの部位も15分前後が目安です。照射する範囲が広くなるほど、それだけ脱毛にかかる時間も長くなります。比較的痛みの強い部位の脱毛であっても、所要時間が短ければ我慢はしやすくなるでしょう。

たとえば、もっとも痛みが強いと言われる鼻の下は、範囲が狭いことから脱毛にかかる時間が短い部位でもあります。痛みの感じ方には個人差があり、さらには毛の太さや濃さによっても痛みが異なるため、あくまで目安として参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛の痛みは、部位や所要時間によって感じ方が異なります。特に痛みが不安な方は、医療機関で脱毛を行えば麻酔クリームによる対応も可能となります。脱毛時の痛みが気になる際は、一人ひとりのお肌に合わせた治療をおこなう当院まで、どうぞお気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP