ニキビ跡も治療できるの?

男性のニキビはさまざまな要因によって発生するため、ニキビ跡にもいくつかの種類があります。それぞれのニキビ跡によって特徴や治療方法が異なるため、なるべく目立ちにくくするためには医療機関での治療が必要です。こちらでは、それぞれのニキビ跡の種類と、ニキビ跡を治療する方法についてお伝えします。

赤みのあるニキビ跡

ニキビ跡に赤みがある場合、ニキビの炎症が続いている状態や、傷ついた肌を治している状態だと考えられます。炎症で壊された肌の細胞を修復するため、栄養を届ける細かい血管が集まることで、赤みが発生するのです。赤みのあるニキビ跡は、肌の生まれ変わりとともに、少しずつ改善していく場合が多いです。

紫色のニキビ跡

ニキビ跡が紫に近い色をしているケースは、肌がより深くまで傷つき、ニキビが重症化した状態です。肌の内側で細かい血管が壊れ、血が出てしまっています。さらに紫外線による刺激が与えられると、茶色のニキビ跡へと進行するおそれもあります。こちらのニキビ跡も、肌の生まれ変わりにより少しずつ改善が可能です。

茶色のニキビ跡

シミやくすみとよく似た茶色のニキビ跡は、肌を守るためにメラニン色素が発生(=色素沈着)している状態です。赤みのあるニキビ跡が、紫外線によるダメージで色素沈着を起こすと、やがて茶色のニキビ跡になります。また、肌の生まれ変わりが滞ると、色素沈着が起こりやすくなります。

凹凸のあるニキビ跡

肌がデコボコと盛り上がったりへこんだりする、凹凸のあるニキビ跡。こちらは、肌の深いところにある「真皮」という組織が傷つけられたことで生じます。ニキビ跡に悩む男性に多いタイプであり、自然治癒するのが難しいという特徴があります。医療機関で治療を受けることで肌質の改善を目指しましょう。

ニキビ跡はクリニックで治療できる

ニキビ跡は、軽度のものから重度のものまで、さまざまな種類があります。いずれの段階にあるニキビ跡も、医療機関で治療が可能です。また、クリニックではニキビ跡を治療するだけでなく、ニキビができにくい肌を目指して肌質を改善していくこともできます。重症化してしまうと、それだけ治療にかかる期間も長くなるため、なるべく早いうちから治療を始めることをおすすめします。

目立ちやすいニキビ跡を気にされる男性は多く、医療機関で治療されている方もいらっしゃいます。当院では、そんな男性のニキビ跡を治療により目立ちにくくしながら、ニキビができにくい肌質へと改善していくことができます。なかなか治らないニキビ跡でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP