皮膚科でのシミ治療の方法

すでに肌にできてしまったシミは、お手入れのみでの改善が難しいこいとから、皮膚科での治療を検討される男性が多くいらっしゃいます。ここでは、皮膚科クリニックなどの医療機関で、どのようなシミの治療が行われているのかをご紹介します。

よくあるシミの種類

シミの中でも、代表的に知られるものに「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」が挙げられます。こちらは、顔・手の甲・腕といった、紫外線に当たりやすい部位にできやすいシミです。60歳以上になるとできやすくなりますが、若いうちからシミができるケースもあります。

「老人性色素斑」は、外回りの仕事をはじめとして、普段から屋外で過ごすことの多い方に起こりやすくなります。老人性色素斑がイボのように盛り上がると、「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」になります。

鼻や頬の周辺へ点のように生じる、いわゆる“そばかす”もシミの一種です。こちらは「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれ、遺伝や紫外線による影響によって引き起こされます。加齢により目立ちにくくなるのが特徴です。

皮膚科のシミ治療法

皮膚科クリニックなど、医療機関で行われるシミの治療法で、代表的なものをご紹介します。

レーザー治療

レーザー治療とは、シミの原因となる色素「メラニン」に対して、強い光を当てる治療法です。レーザーを照射してメラニン色素を壊すことで、シミを取り除きます。医療機関で使用されるレーザー機器は、肌を傷つけることなくメラニン色素を除去できるため、安心して治療を受けることができます。

飲み薬による治療

皮膚科では、飲み薬による治療も行われています。主に「トランサミン」や「ビタミンC・E」といった薬が使われます。「トランサミン」にはシミを薄くしていく働きがあり、「ビタミンC・E」にはメラニン色素が作られるのを抑える働きがあります。レーザー治療ができない場合などに用いられる治療法です。

塗り薬による治療

シミ治療には、塗り薬による治療法もあります。よく使われる薬は「ハイドロキノン」や「トレチノイン」です。「トレチノイン」には、お肌の生まれ変わりを促す働きがあります。「ハイドロキノン」には、メラニン色素が作られるのを妨げる働きがあります。患部に薬を塗り、様子を見ながら数カ月ほど治療を続けていきます。

 

一般的に加齢や紫外線の影響によって生じるシミは、「老人性色素斑」と呼ばれています。皮膚科でのシミの治療法には、レーザー治療・飲み薬による治療・塗り薬による治療があります。それぞれの治療法には、効果に個人差があるため、医師との相談の上でシミ治療を進めていきましょう。なお、フェミークリニックでもシミ治療が可能です。お顔のシミが気になる男性は、当院までご相談ください。

関連記事

PAGE TOP