あなたのその汗、多汗症かも!?

汗にはさまざまな種類があります。暑さでかく汗や、緊張でかく汗だと思っていたら、実は「多汗症」であったというケースも珍しくありません。こちらでは、汗の種類やそれぞれの特徴、また多汗症との症状の違いについてご説明します。

汗には2つの種類がある

私たちが汗をかいているとき、汗は皮膚の表面近くにある「汗腺(かんせん)」と呼ばれる器官から出ています。この汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの種類があります。

暑いときや激しい運動をしたときなど、主に体温を調節するためにかくのはエクリン腺からの汗です。また、辛いものを食べたときに味覚からの刺激でかく汗も、エクリン腺から出ています。エクリン腺は全身の至るところにあり、その数は200~500万個にものぼります。エクリン腺から出た汗には臭いや色がありません。

それに対して、アポクリン腺から出る汗には、臭いのもとになる成分が含まれています。また、汗は乳白色をしているのが特徴です。アポクリン腺は、わきの下をはじめとした限られた部位に多くあります。緊張したときや驚いたときなどにかく汗は、わきの下や手のひらにあるアポクリン腺とエクリン腺の両方から出ています。

多汗症とはどんな病気?

「多汗症」とは、通常よりも多くの汗をかいてしまう病気のことです。全身に多量の汗をかくものは「全身性多汗症」、体の特定の部位だけに多量の汗をかくものは「局所多汗症」、さらに多量の汗をかく原因が分からない多汗症は「原発性多汗症」と呼ばれます。医療機関での問診や検査によって、診断がなされます。

多汗症には、重度のものから軽度のものまで、症状の重さに幅があります。特に、手のひら・足の裏・わきの下などへ、非常にたくさんの汗をかいてしまう「原発性局所多汗症」は、日常生活にも支障をきたすことのある病気です。汗をかくことであせもができたり、湿気によってカビや細菌に感染したりするおそれもあります。

多汗症はわきがと違う

多汗症と同じく汗の病気に、「わきが」があります。こちらは多汗症とは異なる病気です。わきがの症状は、通常よりも汗の臭いが強くなるというもの。この臭いは、アポクリン腺から出た汗に含まれる臭いのもとが、細菌に分解されることで生じています。わきがになる方は、アポクリン腺の数が多い傾向にあります。

 

日常生活に支障が出るほど汗をかいたり、体の一部分だけ多量の汗をかいたりする方は、多汗症である可能性が考えられます。また、わきの下などの汗の臭いが気になる方は、わきがが疑われます。フェミークリニックでは、汗の症状が気になる男性の方に治療を行っています。お困りの方は、当院までお気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP