シミ治療は痛い?必要な通院回数は?

シミ取りレーザーの治療を検討しているものの、痛みや完了までにかかる時間が気になって、躊躇してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか? ここでは、レーザー治療の痛みや必要な通院回数についてお伝えします。治療前に迷ったときはぜひ参考にしてみてください。

シミ治療の痛みはどれくらい?

シミ取りレーザーの施術では、痛みを感じることがあります。しかし、痛みの感じ方には個人差があり、中にはほとんど痛みを感じなかったという方もいらっしゃいます。レーザーを照射したときの感覚は、“輪ゴムで弾かれたような痛み”や、“熱した油がはねたような痛み”に例えられます。

それほどの痛みではないという意見もありますが、痛みが苦手な方は不安になってしまうかもしれません。しかし、クリニックの治療では痛みを弱めるために冷却しながら照射を行ったり、麻酔を使ったりすることが可能です。気になる方は、医師に相談してみましょう。

シミ治療は何回で終わる?

シミ治療は、使用するレーザー機器などの条件にもよりますが、基本的には1回で完了することはありません。1カ月おきにクリニックへ通い、6~12回で治療が完了するケースが多くなっています。その後、患部の状態によっては追加で照射を行うこともあります。

レーザー治療では、シミのある部分に強い光を当てることで、メラニン色素を破壊します。しかし、照射後すぐにシミが消えるわけではありません。破壊されたメラニン色素は、ターンオーバーによって押し出されてかさぶたになり、そのかさぶたが剥がれることでシミが目立たなくなっていきます。シミが消えるまでには時間がかかるため、あらかじめ留意しておきましょう。

自分に合ったレーザー機器を選ぼう

シミ治療では、レーザー機器によって痛みの強さや通院回数が異なります。医師との相談の上で、できるだけご自身が治療に納得できるものを選びましょう。

「フォトRF」という種類のレーザーは、メラニンに反応する光を利用して、正常な組織を傷つけずに照射します。肌に優しいレーザーで、我慢できないほどの痛みを感じる方はほとんどいらっしゃいません。

少ない通院回数で治療を終わらせたいという方には、「YAGレーザー」がおすすめです。こちらは2種類の波長を使い分けることで、表皮と真皮のどちらのシミも破壊できるレーザーで、基本的に数回の施術で治療が完了します。忙しくて頻繁にクリニックへ通うのが難しい方におすすめです。

それぞれのレーザーによって特徴が異なるため、ご自身に合ったものを選んでみてください。

 

シミ取りレーザーの痛みの感じ方は人によって異なりますが、一般的には“輪ゴムで弾かれたような痛み”を感じる方が多いようです。我慢できないほど痛いと感じる方は少ないですが、痛みに敏感な方はお気をつけください。通院回数はレーザーの種類によって異なり、一般的には6~12回かかるケースが多くなっています。

レーザー治療をご検討中の方は、ぜひフェミークリニックまで足をお運びください。フェミークリニックでは、患者様の肌の状態をよく確認し、その方に合った治療を行っています。シミにお悩みの方からのご相談をお待ちしております。

関連記事

PAGE TOP