ホクロがあってもヒゲ脱毛はできるの?

ヒゲの生えている部分にホクロがあると、脱毛できないケースがあります。しかし、それほど大きなホクロでなければ、対策をした上で照射できる場合もありますから、カウンセリングで医師に相談してみましょう。ここでは、ホクロと脱毛の関係についてお伝えします。

ホクロがあってもヒゲ脱毛できる?

「ホクロやシミがあるとレーザー脱毛はできない」と言われることがあります。ヒゲの生えている部分にホクロがある場合、脱毛は不可能なのでしょうか?

基本的に、それほど大きなホクロでなければ、その部分にシールを貼って保護した上で照射を行えます。大きなホクロの場合は、医師と相談して、医師の判断によって施術をするのかどうか決めるケースが多くなります。

ホクロには大きく分けて「単純黒子」と「色素性母斑」の2種類があります。単純黒子とは平らなホクロのことで、メラノサイト(ホクロの原因となるメラニンを作り出す細胞)が皮膚の浅い部分にあるのが特徴です。一方、色素性母斑とは盛り上がったホクロのことで、メラノサイトが皮膚の奥深くにあります。このうち、後者の色素性母斑がある場合には、脱毛の施術を行えない可能性が高いと考えておきましょう。

しかし、クリニックによっては照射が可能なところもあります。ホクロがあって脱毛できるか分からないときは、一度クリニックでカウンセリングを受けてみてください。

なぜホクロを避けて照射するのか

ホクロを避けて照射しなければならない理由には、レーザー脱毛の仕組みが関係しています。

医療レーザーは、ヒゲに含まれるメラニン色素に反応して熱を加えることで、毛を取り除いています。一方、ホクロはメラニン色素からできているため、レーザーを当てると強く反応し過ぎて火傷してしまうおそれがあるのです。場合によってはレーザーによってホクロが薄くなったり消えたりすることもあると言われますが、脱毛用のレーザー機器はホクロ治療用とは異なるため、照射は避けたほうが無難です。

また、大きなホクロではなくても、ホクロから毛が生えている場合には照射ができません。ホクロはメラノサイトの集合体であるため、そこに生える毛も色素が濃く、レーザーが強く反応してしまうのです。肌トラブルを避けるためにも、ホクロがある部分はクリニックのスタッフに必ず伝えておきましょう。

 

医療レーザーは、ヒゲに含まれるメラニンに反応して脱毛しています。そのため、メラノサイトの集合体であるホクロにレーザーが当たると、肌トラブルが起こるリスクがあります。特にホクロから毛が生えている場合は火傷する可能性が高く、ほとんどのケースで照射が行えません。しかし、大きなホクロでなければシールを張って照射できることが多くなります。

美容皮膚科のフェミークリニックでは、患者さまの肌質や状態を確認し、一人ひとりに合ったメンズ脱毛の施術を行っています。ヒゲ部分にホクロがあって脱毛できるか不安だという方は、カウンセリングで医師にご相談ください。

 

 

関連記事

PAGE TOP