レーザー脱毛後の毛抜きは危険!

レーザー脱毛後に毛抜きでヒゲやムダ毛を抜いてしまうと、肌に色素沈着が引き起こされたり脱毛効果が薄れたりと、さまざまなリスクがあります。ここでは、医療脱毛後の毛抜きのデメリットと、正しい自己処理の方法をご紹介します。

レーザー脱毛後に毛が抜けないのはなぜ?

レーザー脱毛の施術を受けると、当日中に抜け落ちる毛があります。これは、ヒゲをはじめとした太い毛がレーザーの光を集めやすいことから、熱エネルギーの集中によって縮れて抜け落ちるために生じる現象です。しかし、このようにすべての毛が施術当日に抜け落ちるわけではありません。

レーザー脱毛後、基本的には1~3週間が経過したあたりで自然と毛が抜け落ちていきます。また、毛穴に埋まっていた毛が抜け落ちる前段階として、一時的に毛が伸びたように見えることもあります。しかし、時間が経てばこれらの毛も自然と抜け落ちていきますから、毛抜きで引き抜かないように注意しておきましょう。

毛抜きを使用してはいけない理由

レーザー脱毛後は、やや時間がかかりますが、自然と毛が抜け落ちます。そのため、毛抜きでヒゲやムダ毛を引き抜く必要はありません。

毛抜きによる自己処理を行ってしまうと、次回以降の脱毛効果が薄れてしまうおそれがあります。一度毛を引き抜くと、ふたたび毛が生えてくるまで、レーザー照射で毛根にダメージを与えることができません。そのため、脱毛完了までにかかる期間が延びてしまうというデメリットがあります。

また、毛抜きによる自己処理で毛穴が傷つくと、色素沈着を引き起こす可能性があります。毛穴の周囲が赤くなることから、見た目にも影響が出てしまいます。レーザー脱毛後は自然と毛が抜け落ちるのを待つとともに、正しい方法で自己処理を行ってください。

ヒゲやムダ毛の正しい自己処理方法

ヒゲやムダ毛のレーザー脱毛を始めた男性は、これまでの自己処理の方法を見直してみましょう。まず、カミソリや毛抜きで毛を処理している場合は、なるべく早くお手入れの方法を変えてください。レーザー脱毛の施術が始まってからは、刺激の少ない電気シェーバーを使用してヒゲやムダ毛を剃るのが適しています。

カミソリによる自己処理は、刃が触れることで肌を傷つけてしまうおそれがあります。レーザーを照射した肌は刺激に弱い状態になるため、肌を傷めずに伸びた部分の毛先だけをカットできる、電気シェーバーを使用してください。このとき、レーザーを照射してから3日間は自己処理を休んでおきましょう。

 

レーザー脱毛後の、ヒゲやムダ毛の自己処理方法についてお伝えしました。通常、照射してから毛が抜け落ちるまでには少し時間がかかる場合があります。肌に残った毛を毛抜きで引き抜くのは避け、肌に残った毛は電気シェーバーでカットしましょう。男性の医療脱毛で気になる点があるときは、治療前のカウンセリングが充実したフェミークリニックまでご相談ください。

関連記事

PAGE TOP