シミ治療後のダウンタイムとは?

クリニックでシミ治療を行った後には、十分に回復するまで皮膚にダメージを与えないようにして過ごさなければなりません。肌がデリケートになっている状態で強い刺激を与えると、トラブルが引き起こされる可能性があります。ここでは、シミ治療後のダウンタイムについて解説します。

ダウンタイムとは?

「ダウンタイム」とは、治療後に痛みや腫れが引くまでの回復期間のことを指します。シミのレーザー治療では、ダウンタイムが終わるまでできるだけ安静に過ごすことが理想とされています。

シミのレーザー治療の場合、ダウンタイムは1週間から10日ほどです。かさぶたは24時間から2日ほどで乾燥してはがれていきますが、かさぶたがとれた後も肌は敏感な状態になっています。そのため、ダウンタイムの間は強い刺激を与えないように過ごさなければなりません。ダウンタイム中に強い刺激が加わると、色素沈着を起こしたり、新たなシミが誘発させたりするおそれがあります。

施術後しばらくの間は、肌にダメージを与えないように気をつけて過ごしましょう。可能であれば施術当日だけでなく、その後数日間休みをとっておくことが理想です。

フェミークリニックのシミ治療

フェミークリニックのシミ治療では、最新のQスイッチYAGレーザーを使用しています。こちらの治療機器には、シミや肝斑を改善する効果があります。広範囲への照射が可能でありながらも、照射パワーがマイルドであるのが特徴です。レーザーを照射することで、肌のメラニンを徐々に減らしていき、気になるシミを改善していきます。

従来のレーザー機器では、メラニンを生み出すメラノサイトを活性化させるおそれがあることから、レーザー治療によって却って肝斑を悪化させてしまうおそれがありました。それに対して、刺激の少ないQスイッチYAGレーザーによる治療は、メラノサイトを活性化させずに治療ができるという特徴があります。

また、フェミークリニックではカウンセリングを大切にして治療を行っています。ダウンタイムの過ごし方でご不明な点があれば、どうぞお気軽に医師までご質問ください。

 

シミ治療後に刺激を受けた肌が回復するまでの期間を「ダウンタイム」と呼びます。ダウンタイム中は肌にダメージを与えないように気をつけて過ごしましょう。シミ治療のダウンタイムは、レーザー機器によって異なるため、気になるときは医師に確認してみてください。フェミークリニックでは、患者さま一人ひとりに合った方法でメンズのシミ治療を行っています。シミ治療に興味がある方は、当院までお気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP