脱毛後に毛が濃くなるって本当?

医療レーザー脱毛をした後、まれに毛が濃くなってしまうケースがあります。なぜこのような症状が出るのでしょうか? ここでは、脱毛によって毛が濃くなる原因と、その対処法についてお伝えします。

脱毛後に毛が濃くなることがある

医療レーザー脱毛の施術を受けると、ごくまれにムダ毛が濃くなったように感じられることがあります。これは「硬毛化」が原因です。硬毛化とは、もともと産毛や細い毛だった部分が、脱毛の施術後に太くなる現象を指します。

脱毛は、皮膚にレーザーを当て、その熱エネルギーによって毛根を破壊することで行われます。しかし、何らかの原因によって毛根が活性化してしまうと、反対にムダ毛が濃くなってしまうのです。その原因は、現在のところ明らかになっていません。

硬毛化は、太い毛よりも細い毛に起こりやすく、産毛が密集している二の腕・お腹・背中といった部位に生じるケースが多くなります。また、普段からホルモン治療の薬を飲んでいる方や、脱毛後に長く赤みが続く方は、硬毛化しやすい傾向があるため、脱毛後の体毛の状態をよくご確認ください。

硬毛化の防ぎ方と対処法

硬毛化を防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか?

まずおすすめしたいのは、脱毛サロンではなくクリニックに通うことです。クリニックではサロンよりも照射能力の高いレーザー脱毛機器を使っています。硬毛化の原因のひとつとしては、照射時の威力不足が関係していると考えられています。医療脱毛にも硬毛化のリスクはあるものの、不安な方は医師が在籍しているクリニックを選びましょう。

もしも硬毛化が起こってしまった場合には、これまでと同様の施術を続けるのではなく、その部分のみしばらく照射をお休みさせます。その後は、肌質や毛質に合った脱毛機器に変更するなど、対処方法を検討する必要があるでしょう。

硬毛化の対処については、実際に症状を見て皮膚科の医師に判断してもらったほうが安心です。脱毛で起こりうるリスクに不安を感じる方は、クリニックでの脱毛をおすすめします。

 

脱毛後に毛が濃くなるのは、硬毛化が原因として考えられます。硬毛化を心配されている方は、医療機関であるクリニックの脱毛を選ぶようにしましょう。すでに硬毛化してしまった部位については、医師の診断にもとづき対処できます。

フェミークリニックでは、患者さまの肌質に合わせて脱毛機を使い分けています。また、医療機関であるため、万が一メンズ脱毛でトラブルが起こったときにも医師がすみやかに診察できます。硬毛化を不安に感じられている方は、当院までお気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP