日焼けした肌にも脱毛できる?

医療レーザー脱毛は、毛根の黒色に反応することで、ムダ毛の再生を抑制しています。夏の時期に思い切り日焼けをしてしまった方や、もともと肌が色黒な方の場合は、脱毛ができない可能性も考えられるでしょう。ここでは、日焼け肌のメンズ脱毛についてご紹介します。

日焼け肌は脱毛できない場合がある

ゴルフやテニスなど屋外でスポーツを楽しんだり、仕事で外回りをする機会が多かったりすると、日焼けをしてしまうことがあります。メンズのヒゲ脱毛をはじめ、医療レーザー脱毛の施術を受ける方は、このような日焼けを避けなければなりません。

ほとんどの脱毛クリニックでは、日焼け肌への施術をお断りしています。その理由は、日焼け肌へ医療レーザーを照射すると、火傷などのリスクが高まるからです。ここからは、医療脱毛の仕組みと日焼けの関係についてご紹介します。

知っておきたい医療レーザー脱毛の仕組み

メンズのヒゲ脱毛をはじめ、脱毛で使用される医療レーザーは、毛根の黒色に反応するようになっています。黒いものにレーザーの強い光を当てることで、瞬間的に高熱を発生させて、体毛を再生させる細胞を破壊しているのです。

ところが、日焼けによって肌にメラニン色素が多い状態にあると、医療レーザーが肌のメラニン色素にも反応してしまいます。こうして肌全体に強い光が当たると、高熱が発生して火傷をしてしまうおそれがあります。

また、肌全体に強い光が当たると、照射による痛みも感じやすくなります。照射のレベルを下げて日焼け肌に対応することもできますが、それによって肝心の脱毛効果が得られにくくなってしまうのが難点です。

メンズ脱毛を始めるなら日焼け対策が大切

日焼け肌が医療脱毛の施術を断られてしまう理由として、肌ダメージのリスクが高くなる点や、脱毛効果に影響が出る点が挙げられます。メンズ脱毛を始めるなら、日頃から日焼け対策をしておくと安心です。

すでに日焼けをしてしまった場合には、最低でも1カ月間は脱毛の施術をお休みします。施術の前後1カ月以内には日焼けをしないよう、スケジューリングをしっかり行うことが大切です。日焼けを避けて効果的にそして安全に医療脱毛の施術を受けましょう。

メンズ脱毛では、基本的に日焼け肌への施術ができません。フェミークリニックでは、少なくとも施術前の1カ月間は日焼けを避けるとともに、施術後も日焼けのダメージを受けないよう、患者さまにお伝えしております。脱毛と日焼けについて気になる点がある方は、美容皮膚科のフェミークリニックまでご相談ください。

 

関連記事

PAGE TOP