最も多いタイプのシミは紫外線が原因?!仕組みと対策とは?

シミにも種類が様々ですが、シミの中で最も多いのが老人性色素班です。これは紫外線の影響によってできるシミで、時間とともに色が濃いシミになっていくのが特徴です。今回の記事では、老人性色素班ができる仕組みとシミを消す方法をご紹介します。

 

老人性色素斑ができる仕組み

老人性色素斑は、紫外線の影響で発生するシミの一つです。顔や腕、手の甲など露出しやすい部位に発生しやすく、丸くてぼんやりとしたシミになるのが特徴です。肌が紫外線を過剰に吸収すると、肌を守る働きを持つメラニン色素を過剰に生成してしまいます。通常の肌の生まれ変わりのサイクル(肌のターンオーバー)であれば古いメラニン色素は体外へ排出されるのですが、メラニン色素量が過剰になると肌のターンオーバーで排出することができず、肌の表面に残ってしまいます。その結果、色素沈着が発生し、シミとなって肌に現れてしまうのです。

 

シミを消す方法

老人性色素斑などのシミを消すためには、どのような方法を実践すればいいのでしょうか。蓄積することでシミは消えにくくなるので、早めの改善が重要です。

どのような方法があるのか、詳しく解説していきます。

 

1.内服薬

紫外線が原因で発生したシミは、肌のターンオーバーを促して肌を新しく生まれ変わらせるためには、体内から改善する必要があります。

そのため、ビタミンCやビタミンEが配合されているビタミン剤やメラニンを抑制する効果のあるL-システインが配合されている内服薬を飲むことで、シミを消すことができる可能性が高くなるのです。

2.美容皮膚科でのレーザー治療

紫外線で出来てしまったシミは、肌の奥深くまで色素沈着している可能性があります。そのため、改善するためには簡単な治療では、上手くシミを消すことができません。

しかし、レーザー治療であれば、メラニン色素だけに反応して、色素沈着を消すことが可能です。また、最近のレーザー治療機器は、痛みも少なく様々なタイプのシミに治療効果があり、より確実なシミ治療法といえます。

3.保湿クリーム

美容成分が多く含まれている保湿クリームを活用すれば、肌のターンオーバーを促し、シミを除去することができる可能性が高まります。

ビタミンC誘導体やビサボロールといった、シミに作用して抑制してくれる働きがある成分が特におすすめなので、これらの成分が配合された保湿クリームを選択しましょう。

 

まとめ

紫外線で発生する老人性色素斑などのシミは、時間が経つごとに除去するのが困難になっていきます。そのため、シミの種類や重症度によっては、自宅でのシミ治療には限界があります。当院では、レーザー治療はもちろん、ケミカルピーリングや内服薬など様々なシミの治療方法を用意しています。無料カウンセリングやドクターの診察を通して、一人ひとりに合ったシミの治療方法をご提案します。シミにお困りの際は、お気軽に当院にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP