わきがの原因と治療法とは?

わきがに悩む男性にとって、汗を多くかく夏は非常に悩ましい時期になるのではないでしょうか。わきがは遺伝の可能性もありますが、その多くは生活習慣が原因となっておこっており、その臭いを軽減することができます。今回の記事では、そんなわきがを引き起こす根本的な原因とその対策についてご紹介します。

 

わきがの原因

脇から発生するきつい臭いであるわきがは、どのようなことが原因で発生するのでしょうか。以下の3点が主なわきがの原因と指摘されています。

 

1.アポクリン腺から出る汗

わきがの原因となるのは、アポクリン腺から出る汗が原因であると考えられています。汗自体は無臭なのですが、アポクリン腺の汗に含まれている脂質や糖質、たんぱく質といった成分が常在菌によって分解されることで、わきがの独特の臭いが作られるのです。

2.脇下に溜まった汗

脇毛には汗を留める働きが備わっています。ずっと汗が滞留することで徐々に湿度が高くなっていき、最終的に菌が繁殖して、臭いがきつくなるのです。

この脇下に滞留した汗が臭いの原因となるため、脇に汗が溜まっていると感じた時には、お風呂に入ったり、タオルで汗を拭くことが大切です。

3.食生活

食品によって、皮脂腺やアポクリン腺を刺激してしまい、わきがの臭いを一層きつくしてしまうものがあります。臭いが体内からそのままでやすいニンニクやニラ、餃子やチャーハンなどの動物性油脂を多く含むもの、そしてリノール酸が多く含まれる、なたね油やごま油には注意が必要です。これらの食品はわきがの臭いをより強くする作用をもつ成分を含んでいるため、わきがの疑いがある方は摂取を避ける必要があるでしょう。

 

わきがの治療法

脇の臭いがきつくなるわきがは早めに治療することが重要で、気付いた時に対応することが大切です。どのような治療法があるのか、詳しく解説していきます。

 

1.脇毛の処理をする

脇毛は汗を滞留させる働きがあるため、長期間汗を留めておいてしまうと、雑菌が繁殖するきっかけになってしまいます。そのため、こまめに脇毛を処理することでもわきが対策になります。即効性はありませんが、継続して行うことがわきが改善につながります。

2.脇汗をこまめに拭く

体温調整のためにかく汗は、体の調子を整えるために重要なことですが、汗を放置したままでいると、わきがの原因になるため危険です。

わきがを改善するためにも、脇の下にかいた汗は、こまめに拭いて臭いが発生しないように注意しましょう。

3.食生活を改善する

脂質やたんぱく質を多く含む食べ物は、アポクリン腺の活動を活発化させて、脇の臭いの元になってしまう恐れがあります。脂質が少ない野菜や魚を中心に、栄養バランスのとれた食事を心がけることがわきが対策に効果的です。

 

まとめ

遺伝的に発生する可能性もあるわきがですが、多くは日ごろの生活習慣が原因で発生します。そのため、生活スタイルを改善したり臭いを抑えるための対策をすることで、わきがの臭いを軽減することが可能です。脇の臭いを改善するためにも、自分自身の生活習慣を見直して、わきがを治療していきましょう。

関連記事

PAGE TOP