わきが・多汗症治療

わきがとは

自分のニオイが気になってしまうと、人に近づくことや、コミュニケーションをとることに抵抗を感じてしまうのではないでしょうか。
また、ニオイを気にするあまり、他のことに集中出来なくなり、日常生活に支障が出るようなことも。
ニオイの中でも特に深刻に悩まれているものがわきがです。わきがというのは、汗によってニオイを放っているのです。
なぜ、汗をかいてもニオイがする人としない人が出てくるのでしょうか。
それは、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という2つの汗腺が深く関係しているのです。
この2つの汗腺から分泌された汗が、皮脂と混ざり、それを雑菌が分解をすることで、わきが独特のニオイが発生してしまうのです。
わきがのニオイも軽度から重度とレベルがありますが、ニオイがきつい人というのはアポクリン汗腺が多い傾向があります。
アポクリン汗腺という汗腺は、わきだけではなく実は性器周辺や耳の中にもあると言われています。
何となく、体臭が強い部分に集中をしている気がしますよね。
その中でもわきは、汗をかきやすい部分ですので、ニオイがきつくなってしまいやすいと言われています。

多汗症とは

汗をかかない人は、まずいません。
汗をかくということは、体温調節をするという目的があり、なくてはならないものです。
しかし、体温調節を行う必要がないにも関わらず、汗が異常に分泌される人がおり、そういった症状のことを多汗症と呼んでいます。
多汗症の原因というのは体質もあるのですが、ホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣も影響をしていると言われています。
ストレスや生活習慣は、自分でどうにかなると思っていても実際には、自分の努力だけで多汗症を防ぐレベルまで改善するのは難しいでしょう。
多汗症の症状を改善するには、原因となっている汗腺を除去するという方法が最も有効的なのです。

ひとつでも当てはまったらご相談下さい

  1. 他院で治療したが効果がなかった
  2. 人よりわきがが強くて恥ずかしい
  3. 相手がニオイを不快に感じているのではと気になる
  4. 治療に興味はあるが痛みや効果について不安
  5. 普段どおりに生活しながら治療をしたい
  6. 費用はなるべく抑えたい

症状の程度や肌質など個人差に合わせた治療

わきが・多汗症治療わきのニオイや汗の量などは、人によって違いがあり、治療法も異ります。その人に合った治療を行わなければ、効果も出ませんし、満足のいく結果になることもないでしょう。
汗腺の1つであるアポクリン汗腺の量が多い方の場合は、アポクリン汗腺の根本的な治療を行わなければなりませんので、専門の医師に治療を受ける必要があります。
フェミークリニックが行っているわきが・多汗症治療は、患者様の症状に合わせた治療を行うのはもちろんのこと、希望に合った治療法や悩みを解消することができる治療を行っています。
患者様1人ひとりに合った治療を行うことで、患者様が満足のいく結果となるのです。

満足度の高い効果を得られる施術

フェミークリニックに来院をされる患者様の中には、他のクリニックで治療を受けたものの効果が出なかった、という方も多くいらっしゃいます。
当院でも治療法によって効果の表れ方というのは変わってくるのですが、満足いかない結果になるということは、適切な治療を受けられていなかったということだと思います。
そんな患者様の心の不安や悩みを解消していくことは、私たちフェミークリニックにとって最も大事なことでもあります。
フェミークリニックでは、患者様が安心して治療を受けられるよう、施術内容の説明を詳しくしっかりと行い、また満足できる結果となるように患者様に合った治療を行っていきます。
当クリニックで行っている剪除法やシェービング法という治療法は、アポクリン汗腺やエポクリン汗腺を根本的に除去する治療法ですので、発汗を抑える効果があります。(梅田院のみ)
また、時間が経過することで再び汗が出るようなこともありません。
汗の量も見違えるように減るので、あれだけ悩んでいた臭いも感じなくなり、わきの臭いや汗の量で悩むようなことが軽減されます。

手術跡が気にならない、仕上がり

わきが・多汗症治療わきがや多汗症の治療は、メスを入れて汗腺を除去すると考えられている人が多く、施術後の跡が気になったり、人に知られてしまうのでは、と心配をされている人もおられます。
しかし、当院が行っているボトックスやミラドライという治療では、切開を行わずに治療をしますので、施術後に跡が残るようなこともありません。
また、剪除法やシェービング法でも、わきのシワに沿ってほんの少しだけ切る程度ですので、ほとんど目立つこともありません。

汗腺の種類と皮脂の関係

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は、汗腺の中でも大きなもので、思春期と言われる時期に成長と共に増えていくと言われています。
このアポクリン汗腺から分泌される汗というのは、粘り気があり、大量に出ると不快に感じることもあります。
アポクリン汗腺から分泌される汗自体には実はニオイはないのですが、わきにいる雑菌のはたらきによってわきが独特のニオイが出てしまうのです。
わきがのニオイの元となるのは、このアポクリン汗腺から出る汗が原因なのです。

エクリン汗腺

エクリン汗腺と呼ばれる汗腺は、全身に存在をしており、300~500万個はあると言われています。
このエクリン汗腺というのは、汗を出すことで体温調節をしてくれる、私たちにとってはとても重要なものなのです。
エクリン汗腺から分泌される汗というのは、サラッとしていてニオイもありません。
しかし、汗をそのまま放置をしてしまうと、雑菌のはたらきによって汗の不快なニオイを発生させてしまうのです。
エクリン汗腺から出る汗は、本来であれば体温調節が必要なときにだけ分泌をされるのですが、体温調節が必要ないにも関わらず分泌を続けるようなこともあります。
こういった症状を《多汗症》と呼んでいるのです。

皮脂腺

皮脂腺というのは、私たち身体にある全ての毛穴にあります。皮脂腺の本来の働きというのは、皮脂を分泌して皮膚に潤いを保たせることなのですが、この皮脂の分泌が異常に行われてしまうと、雑菌が繁殖しやすい状態になり、ニキビや吹き出物といったものができてしまうのです。
また、皮脂に含まれている脂肪酸が酸化をし、不快なニオイを発することもあるのです。
特に、わきがの原因とされるアポクリン汗腺から分泌される汗と皮脂が混ざってしまうと、強烈なわきがのニオイとなることもあるのです。

治療の内容

1、ミラドライ

マイクロウェーブ照射により汗腺を破壊。短時間で高い満足度&半永久的な効果が得られます。

2、剪除法

重度のわきが臭の方に。わきの下を切開し、肉眼で判断できるアポクリン汗腺をしっかり除去します。

3、わきボトックス

メスを使わず、わきが・多汗症を改善するのが、わきボトックス。

ミラドライとは

ミラドライは、メスを使わずにわきが・多汗症治療を実現する最新の治療方法です。マイクロウェーブを照射して、わきが・多汗症を引き起こすアポクリン汗腺とエクリン汗腺を集中的に破壊します。なくなった汗腺は再生しませんので、一度施術すればほぼ永続的な効果を発揮することができます。フェミークリニックでは、照射もれのないよう、丁寧な照射を心掛け、ミラドライの効果を十二分に引き出せる治療を行っております。汗腺以外への影響は最小限にとどめたシステムですので、とても安全な治療です。

ミラドライのメリット

メリット1 切らない

ミラドライの治療は、マイクロウェーブを照射して行うので、わきを切る必要はありません。施術を受けるリスクが大幅に減り、安全度の高い治療が可能です。
厳格な臨床試験や病理学研究においても絶賛を受けた治療法であり、米国FDA(FDA 510k Clearance)も取得済みです。
* FDAとは日本の厚生労働省に当たる米国の機関です。

メリット2 傷跡なし

メスを使わないので、肌を傷つけることがなく、施術後ほどなく、美しい仕上がりを実現できます。

メリット3 長期効果

ミラドライによって破壊されたアポクリン汗腺やエクリン汗腺は再生することはありません。外科的手術とほとんど変わらない、長期間の効果を得ることができます。

メリット4 すぐ日常へ

しばらく運動・入浴(シャワー可)は控えていただくものの、そのほかで普段の生活において制限を受けることはほぼありません。

ミラドライの効果


ミラドライは、マイクロウェーブを利用した、わきが・多汗症の治療方法です。マイクロウェーブは極性分子(水分子)に選択的に吸収されることによりエネルギーを熱に変えます。熱伝導や対流を無視して急速に均一に加熱できるのがマイクロウェーブの特長です。ミラドライでは、マイクロウェーブのエネルギーを、水分の多い汗腺に対し集中的に注いで、汗の原因に働きかけます。エネルギーを汗腺に集中させますので、汗腺以外への影響を最小限にすることができます。


わきがや多汗症の原因となっている「アポクリン汗腺」や「エクリン汗腺」の存在している層へ集中的にマイクロウェーブを照射します。表皮から真皮を通過させ、汗腺のある深部へエネルギーを届けます。

ミラドライのマイクロウェーブの周波数は「真皮は通過しやすく」「皮下脂肪で抵抗を受ける」という特徴があります。ですから、皮下脂肪と真皮の境界にエネルギーがたまっていきます。そしてそのエネルギーは汗腺に吸収されます。
このように、ミラドライは、熱を届けるべき「汗腺」にのみ、集中的にエネルギーが届くよう設計されています。

ミラドライはハイドロセラミック・クーリングと呼ばれる冷却機能を搭載しています。この機能により、表皮から真皮にかけて冷却が行われますので、皮膚を熱から守ることができるのです。また、皮下脂肪層からの反射と表皮からの冷却の相乗効果で、汗腺があるエリアに熱を集中させることができます。ですから、脂肪層より深い組織へのダメージも最小限に抑えることができるのです。

ミラドライ治療の流れ

  • STEP
    1
    カウンセリング
  • カウンセリングでは、ミラドライの治療についての説明や、治療を受けるに当たっての注意点や経過についてご説明いたします。
    わからないことや疑問点はお気軽にお尋ねください。
    ※ミラドライでは、数箇所に局所麻酔を注射して行うため、麻酔アレルギーや手術等の既往がある方は治療を受けられないことがあります。
  • STEP
    2
    マーキングシート
  • 発汗する場所と毛のある場所を診断し、治療用テンプレートをつけていきます。わきの下に一時的なマーキングをする薄い紙を当て、アルコールを含ませた綿を用いて、マーキングを皮膚に移していきます。マーキングができたら、薄い紙をはがして終了です。麻酔を行い、ミラドライのハンドピースを当てて照射していきます。※施術前に脇毛を剃っていただく必要があります。
  • STEP
    3
    麻酔
  • 麻酔をわきの下の数箇所に注射していきます。痛みはほとんどありません。注射を打ってから5~10分で麻酔が効いてきますので、施術に移ります。
  • STEP
    4
    照射
  • マーキングシートによって決められた位置に沿って、ミラドライを照射していきます。わきの下にハンドピースを当てると、吸入装置によって皮膚が優しく吸い上げられます。そこにマイクロ波を当てて汗腺を破壊していきます。30~40秒経過してから別の場所にハンドピースを移動させ、また照射を行います。これらの工程を、わき全体が終わるまで繰り返します。通常は20分以内に脇の片側の照射が終了します。
  • STEP
    5
    アフターケアについて
  • 施術後約15分間、施術箇所を冷却します。麻酔が切れてからの痛みや違和感には個人差がありますので、何かありましたらお気軽にご相談ください。適切な対処を行います。
    ※施術後数日間は激しい運動はしないようにお願いいたします。

わきボトックスとは

メスを使わず、わきが・多汗症を改善するのが、わきボトックスです。
しわの治療などで知られるボトックスですが、わきがの治療にも効果があります。
ボトックス注射では発汗を抑え、細菌が臭いを発するのを防ぎ、わきがを軽減することができます。
メスを使わず、10分程度と短時間で行うことができ、術後の傷もありませんので、気軽に行えることが一番の利点です。

わきボトックスの効果

軽度のわきがであれば、ボトックス注入で十分な治療が可能です。効果は半年から1年持続します。
また繰り返し施術を行うことで、持続期間が長くなったり、高い効果が得られるようになります。ボトックスにはアセチルコリンの分泌を抑える働きがあります。
汗を放出するエクリン汗腺に「汗を出せ」という信号を出すのがアセチルコリンです。
そのアセチルコリンを抑制することで発汗が抑制されます。わきがは、わきにある細菌によって汗が分解されることで起こりますので、汗を抑制すればわきがが改善するという仕組みです。

ミラドライとわきボトックスの比較

ミラドライ わきボトックス
効果 長期間 3~6ヶ月(当院実績)
傷跡 なし なし
ダウンタイム なし なし
治療時間 1時間程度 注射で終わり
わきが治療として 有効 有効
多汗症治療として 有効 有効

よくある質問

わきの多汗症の手術後は汗の量はどのくらい減りますか?

わきの多汗症の手術後は、一般の人と同程度の汗の量となります。

手術前よりも間違いなく汗の量は減って、日常生活でも気にならない程度にはなります。

個人差はありますが一度の治療で50から70パーセントの減少は見込めます。

わきがと多汗症の両方に症状があるように思っています、手術をすることで両方とも直すことは可能でしょうか?

当院では、わきがと多汗症の治療において直視下摘除法での手術を行っております。
この手術は、最も高い効果の手術になりますので、1回の手術でわきがと多汗症の両方を同時に治することが可能となります。

わきがは、人からうつったりすることはありますか?

わきがは、その人自身の元々の体質なので人にうつるようなことはございません。

わきが・多汗症に関する
よくある質問一覧はこちら

PAGE TOP