脱毛後の日焼けには要注意!

脱毛後の日焼けには要注意!

メンズ脱毛後の肌はデリケートになっているため、日焼けには注意が必要です。炎症を起こしたり、シミやそばかすにつながったりすることがあります。また、脱毛前の日焼けも肌トラブルのもとになるため避けましょう。ここでは、脱毛と日焼けの関係についてお伝えします。

メンズ脱毛後の日焼けは危険

メンズ脱毛後の肌は、光照射により熱が蓄えられ、デリケートな状態になっています。

この状態で日焼けをすると、肌がダメージを受けて赤み・やけど・炎症といった症状が出る可能性があります。また、脱毛後は紫外線の影響も受けやすく、シミやそばかすといった色素沈着が起こることもあります。

特に、敏感肌の方や乾燥肌の方は紫外線の影響を受けやすいため、注意が必要です。脱毛後は万全な日焼け対策をとることをおすすめします。

脱毛前の日焼けにも注意

脱毛後だけに限らず、脱毛前の日焼けにも気をつけなければなりません。日焼けをした状態で施術を受けると、脱毛効果が下がるだけでなく、施術で感じる痛みが強くなります。さらに、肌トラブルを引き起こす可能性も高まります。

脱毛に日焼けが良くない理由は、レーザー脱毛がメラニン色素に反応して作用するからです。日焼けをしていなければ、脱毛機器はメラニン色素の濃い毛や毛根にのみ反応しますが、肌が焼けていると皮膚にも作用してしまいます。

そうすると脱毛の処置時の痛みが強くなり、肌トラブルを起こす可能性があるほか、照射する光が分散してしまうため脱毛効果も弱くなってしまいます。脱毛は日焼けをしていない状態で行うのが、もっともリスクが少なくかつ効果的です。

日焼けを防ぐには?

肌トラブルを起こさないためにも、脱毛後や脱毛前には日焼け対策を行いましょう。

ただし、脱毛した直後には日焼け止めを使えません。脱毛後は肌が乾燥しているため、肌を乾燥させる働きのある日焼け止めを塗ると、悪影響が出てしまうのです。施術当日はできるだけ肌が露出しないような服装をし、日光から皮膚を守りましょう。

翌日からは、肌を保湿した上で、刺激が少ない日焼け止めを使えます。SPF30ほどの日焼け止めをこまめに塗るようにしましょう。敏感肌用の日焼け止めも適しています。

 

メンズ脱毛後に日焼けをすると、肌に大きな負担がかかってしまいます。脱毛当日はできるだけ肌への紫外線を受けないよう帰宅し、翌日からは日焼け止めを塗って対策しましょう。また、脱毛の効果を高めるためにも、施術前の日焼けにも気をつけなければなりません。日焼けに注意して、安全に脱毛の施術を受けるよう心がけてください。皮膚の状態を考慮して脱毛したい方は、色素沈着治療やニキビ治療も扱っているフェミークリニックまでご相談ください。

関連記事

  1. 脱毛後に注意すべき毛のう炎とは?
  2. 脱毛後に痒みが出たときの対処法
  3. 2回目以降のヒゲ脱毛のタイミングとは
  4. 男性脱毛の人気部位と料金相場は?
PAGE TOP