脱毛後に痒みが出たときの対処法

脱毛後に痒みが出たときの対処法

脱毛後は皮膚が熱を持っており、痒みが出やすくなります。特に、お風呂に浸かったり運動をしたりすると痒みの症状が悪化しやすいため、注意が必要です。ここでは、脱毛後に痒くなる原因や、その対処法についてお伝えします。

脱毛の後には痒みが出ることも

脱毛を行った後は、皮膚が軽い火傷状態になり乾燥しやすくなっているため、痒みが出ることがあります。しかし、痒いからといってかきむしってしまうと、赤身や色素沈着が起きて、次回の施術を受けられなくなってしまいます。施術回数が増えるごとに痒みは起こりにくくなりますが、初めのうちは強い症状が出やすいため、ご注意ください。

脱毛後に痒みが出やすい行動

脱毛の後、痒みが出やすくなる行動には以下のようなものがあります。できるだけ避けておくようにしましょう。

体を温める

脱毛後は皮膚に熱がこもった状態になります。このような状態で体を温めてしまうと、肌が乾燥して痒みが出やすくなります。体を温めないためにも、施術当日は入浴をせず、シャワーを浴びるだけに留めましょう。

汗をかく

汗をかくと、蒸発するときに皮膚の水分が奪われてしまいます。できるだけ汗をかかないような過ごし方をしましょう。暑い場所で過ごしたり、運動をしたりといったことは避けてください。もしも汗をかいてしまった場合には、タオルで拭き取って水分の蒸発を防ぎましょう。

飲酒をする

お酒を飲むことでも痒みが引き起こされるケースがあります。お酒には、血行を促進させて体温を上げる働きがあります。血の巡りが良くなると肌が敏感になり、痒みを感じやすくなるのです。施術後は飲酒を控えるようにしましょう。

痒みが出たときの対処法

メンズ脱毛後は、気をつけていても痒みが出てしまうケースもあります。痒みが出てしまった場合の対処法をご紹介します。

  • 冷やす

脱毛後の痒みは、乾燥や火照りが原因であることが多くなります。そのため、保冷剤や冷やした濡れタオルを当てることで痒みを軽減できます。

  • 保湿する

肌の乾燥対策に、保湿剤を塗ることも効果的です。ただし、施術後は毛穴が開いているため、油分を含んでいるものを使うと毛穴に詰まるおそれがあります。成分を確認して、油分の入っていない保湿剤を使うようにしてください。

 

脱毛の後は、痒みが出やすくなっています。特に体が温まったときや、飲酒をしたときには痒みの症状が悪化しやすいため、お気をつけください。もしも痒みが出た場合には、冷やしたり保湿したりといった対策をとりましょう。美容皮膚科のフェミークリニックには、専門のサポート相談室が設けられており、脱毛にまつわる疑問点を気軽に質問できます。脱毛後の症状に不安がある場合は、ぜひご相談ください。

関連記事

  1. 脱毛後に注意すべき毛のう炎とは?
  2. 脱毛後の日焼けには要注意!
  3. 2回目以降のヒゲ脱毛のタイミングとは
  4. 男性脱毛の人気部位と料金相場は?
PAGE TOP