脱毛後に注意すべき毛のう炎とは?

脱毛後に注意すべき毛のう炎とは?

脱毛をすると、「毛のう炎」が生じるケースがあります。脱毛後の肌は刺激によって弱っているため、適切にケアしなければなりません。ここでは、毛のう炎の原因や対処法についてお伝えします。

毛のう炎とは?

脱毛をした箇所に、赤いブツブツができることがあります。見た目はニキビと似ていますが、痛みやかゆみがない場合は「毛のう炎」である可能性が高くなります。

毛のう炎とは、毛穴の奥の毛包に細菌が入り込むことで起きる炎症です。皮膚が湿った状態や不衛生な状態が続くとできやすいものですが、場合によっては脱毛によって生じることもあります。

医療レーザーを当てると、皮膚や毛穴は一時的にダメージを受けた状態になります。普段は肌に存在する常在菌が細菌から肌を守ってくれていますが、脱毛後はこれらのバリア機能が弱まり、細菌が侵入しやすくなるのです。

毛のう炎とニキビの主な違いは、原因菌の種類です。ニキビは皮脂が溜まって「アクネ菌」が増殖することでできますが、毛のう炎は「表皮ブドウ球菌」や「黄色ブドウ球菌」によって引き起こされます。

毛のう炎とニキビでは対処法に少し違いがあるため、むやみに自己判断を行わないようにお気をつけください。その際は医師に相談されることをおすすめします。

毛のう炎の対処法

毛のう炎ができてしまったら、できるだけ肌を清潔な状態に保ちましょう。症状がそれほどひどくなければ、適切なスキンケアによって自然に治ります。

症状が重い場合は、医師に相談しましょう。毛のう炎には、抗真菌薬やステロイド軟膏といった薬が使われています。クリニックで医療脱毛を受けている方の場合、アフターフォローとして診察を受けるのがおすすめです。

また、脱毛が完了するまでにはムダ毛を自己処理する必要がありますが、その際も皮膚にダメージを与えないように注意しましょう。カミソリや毛抜きによる自己処理を避け、電気シェーバーを使用したほうが肌に負担がかかりません。

カミソリを使って処理する場合には、毛の流れに反して剃る「逆剃り」をしないようにしてください。逆剃りをするとムダ毛を深く剃れますが、皮膚が傷つきやすくなります。毛の流れに沿って優しく剃るようにしましょう。

 

脱毛をすると皮膚が一時的にダメージを受けるため、毛のう炎ができることがあります。毛のう炎を治すには、常に肌を清潔にしておいたり、医師に薬を処方してもらったりといった対処法が有効です。また、ムダ毛を自己処理する際もできるだけ肌を傷つけない方法で行ってください。

フェミークリニックでは、インフォームドコンセントを徹底し、肌トラブルが起こった場合に備えてアフターフォローを充実させています。メンズ脱毛をご検討中の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

 

関連記事

  1. 脱毛後に痒みが出たときの対処法
  2. 脱毛後の日焼けには要注意!
  3. 2回目以降のヒゲ脱毛のタイミングとは
  4. 男性脱毛の人気部位と料金相場は?
PAGE TOP