ヒゲ脱毛後にNGな行動とは?

脱毛後の肌は非常に敏感な状態になっています。状態が落ち着くまでの期間は、ダメージを与えないようにいくつかの配慮が必要です。肌によくない行動をすると、炎症を引き起こすおそれもあります。ここでは、ヒゲ脱毛後に控えていただきたいNG行動の例をご紹介します。

飲酒

アルコールは血流を活発にさせる効果があります。ヒゲ脱毛後の肌が敏感な状態で血行が良くなると、かゆみや赤みが生じることがあります。その結果として炎症につながってしまうケースも少なくありません。フェミークリニックでは、施術前・施術後の飲酒を控えるようにご案内しています。

運動

運動をすると血行が良くなり、体温が上昇します。ヒゲ脱毛後の運動はアルコールと同じようにかゆみや赤みの原因となります。アウトドアの運動などでヒゲ脱毛後の肌に日光を照射するのも、肌に与えるダメージの点から好ましくありません。さらに、ヒゲ脱毛後の肌は細菌に対する抵抗力が弱まっているため、汗で炎症を起こしてしまうおそれもあります。脱毛直後の運動は控えましょう。

入浴・サウナ

医療レーザー脱毛の施術後は、基本的に肌を温める行為は推奨されていません。肌の細胞がダメージを受け、熱による炎症を起こしやすい状態になっているからです。高温のシャワーを浴びたり、浴槽につかって体を温めたりする行為は極力避けるようにご案内しています。

同様の理由で、肌を高温にするサウナもNGです。

自己処理(毛抜き・髭そり)

髭そりは肌に与えるダメージが大きい行為です。刺激により炎症が起きてしまうおそれがあります。基本的に、ヒゲ脱毛直後にヒゲをそるのは好ましくありません。どうしてもヒゲが気になる場合は、肌へのダメージが少ない電気シェーバーでやさしく処理を行ってください。

また、脱毛後の毛抜きにも注意が必要です。医療レーザー脱毛では、レーザーを黒い毛に反応させて処理を行います。毛抜きによりムダ毛を引き抜いてしまうと、毛根がない状態で施術をすることになり、1回あたりの脱毛効果が薄くなってしまうのです。

肌をこする

脱毛後の肌は、刺激に対して弱くなっています。そのため、ちょっとした刺激でも赤みやかゆみがでてしまうことがあるのです。汗や入浴後の水分が肌に付着している場合は強くこすらず、タオルを軽く押し当てるようにしてやさしくふき取ってください。

美容皮膚科のフェミークリニックでは、施術内容だけではなくアフターケアまで重視し、丁寧なカウンセリングにも取り組んでいます。男性のヒゲ脱毛後には、NG行為や注意点についてもアナウンスさせていただきます。施術後の肌の状態が気になる方も、どうぞお気軽にスタッフまでご相談ください。

 

 

関連記事

  1. 脱毛後に注意すべき毛のう炎とは?
  2. 脱毛後に痒みが出たときの対処法
  3. 脱毛後の日焼けには要注意!
  4. 2回目以降のヒゲ脱毛のタイミングとは
  5. 男性脱毛の人気部位と料金相場は?
PAGE TOP