レーザー脱毛の仕組みとは?

レーザー脱毛の仕組みとは?

レーザー脱毛とは、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの単一の波長のレーザーを用いた脱毛方法です。美容皮膚科の多くがこのレーザーを使った脱毛機器を使用していますが、どのような仕組みで脱毛がされるのでしょうか。今回の記事ではレーザー脱毛の詳しい仕組みを解説すると共に、どんな方にレーザー脱毛がおすすめかご紹介していきます。

レーザー脱毛の仕組みとは

まず、レーザー脱毛に使用されている光の特徴と仕組み、そして毛が抜けるメカニズムについてご紹介します。

レーザー脱毛に使用される光の特徴と仕組み

レーザー脱毛で使用される光は、人工的に波長を揃えて作られた強い単色光です。自然界には虹のように目に見える7色の光と目に見えない光が混在していますが、脱毛が可能なほどのエネルギーを得ることができません。照射された物体は光を吸収すると、吸収した分だけ温度が上がるというメカニズムを持っています。この原理を利用して、人工的に1種類に揃えられた波長を用いることで、集中度の高いエネルギーを創出し、脱毛が可能なほどの熱を発生させているのです。

レーザー脱毛によって毛が抜ける仕組みと毛周期

レーザーを皮膚の表面に当てると、毛のメラニン色素が反応して毛が熱をためこみます。その熱エネルギーによって、毛を作り出す毛母細胞に栄養素を届ける毛乳頭が破壊され、毛の成長を止めます。毛は、「成長期」「退行期」「休止期」の2~3ヶ月周期で成長サイクルを繰り返しており、最もレーザー脱毛による効果が高いのが、毛乳頭に最もダメージを与えやすい「成長期」です。毛によってこの毛が生えるサイクルが違うため、成長する周囲の毛を全て毛母細胞から破壊しなければならないため、何度もレーザー脱毛を繰り返す必要があります。毛のサイクルにあわせた脱毛を行うことで、より脱毛の効果を高めることがポイントなのです。

 

脱毛をおススメしたい方

昨今、女性だけではなく、男性の脱毛希望者が増えています。特に以下のような方がおススメです。

ヒゲが濃くて硬い方

男性の中では、ヒゲはセクシーであると考える方もいますが、女性はそう思わない方も多いのが実情です。キスやハグをする際に男性の頬が当たり、擦れて痛いと違和感を感じる女性が多くいます。また、ヒゲが濃いと頬やアゴが青く見え、肌が綺麗に見えません。すべすべなお肌を手に入れることで、見た目の印象をガラッと変えたいという方にはおすすめです。

背中の毛や胸毛が気になる方

夏のシーズンになると、肌の露出機会も多くなります。海やプールといった多くの人の前で肌が出る際に、胸毛や背中の毛が濃いために露出を気にする男性もいます。そういった悩みを解消し、ストレスなく肌の露出をしたい方にはおススメです。

 

まとめ

レーザー脱毛は、人工的に揃えられた単一の波長を用いることによって、熱エネルギーを作りだすことによってその効果を実現しています。毛には毛周期があり、脱毛に効果が高いのは、最も毛乳頭にダメージを与えやすい成長期です。この成長期をねらって脱毛をすることで、高い脱毛効果を得ています。脱毛をしたい男性の目的は様々ですが、毛に関する悩みがある方は、ぜひフェミークリニックにご相談ください。

関連記事

  1. 何歳から脱毛することができるの?
  2. 脱毛の部位によって通院回数はどのくらい違うの?
  3. ニキビがあっても顔脱毛はできるの?
  4. 永久脱毛をする方法はあるの?
  5. レーザー脱毛後のアフターケア方法とは?
PAGE TOP