レーザー脱毛後のアフターケア方法とは?

レーザー脱毛後のアフターケア方法とは?

ムダ毛を処理するために効果的なレーザー脱毛。一見便利ではありますが光を当てて脱毛を行うことから、肌にダメージを与えるため、脱毛後はアフターケアを行わないと肌トラブになります。そのため、脱毛後はアフターケアを行うことが重要です。

今回は、そんなレーザー脱毛後のアフターケアの方法について解説していきます。脱毛を検討している方は参考にしてみてください。

 

レーザー脱毛のアフターケアの重要性

レーザー脱毛は、毛根のメラニン色素に反応して発生する熱によって毛根組織を破壊することで脱毛ができるという仕組みになっています。そのため、レーザー脱毛後は毛根周辺に熱により毛穴全体が軽い火傷のような状態になります。脱毛を行うことで少なからず肌にダメージを与えてしまいます。その結果、アフターケアをしておかないと、赤みや湿疹・乾燥などの肌トラブルの原因になります。また、色素沈着によるシミや乾燥によるシワも誘発してしまうため、レーザー脱毛後のアフターケアは非常に重要なプロセスなのです。

 

レーザー脱毛後のアフターケアの方法

レーザー脱毛後の肌はダメージを受け、とても敏感な状態になっています。こちらではレーザー脱毛後の正しいアフターケアの方法をご紹介致します。

1.紫外線予防を行う

レーザー脱毛後の肌はとても敏感です。脱毛後の肌には紫外線は大敵です。そのため、外に出て紫外線を浴びてしまうと、シミやシワを誘発させてしまう恐れがあるのです。そのため、アフターケアとして紫外線予防を行うようにしましょう。また日焼けしてしまうと施術そのものができなくなる可能性があるので脱毛後でなくても脱毛期間は日焼けしないように注意しましょう。日焼け対策として、日焼け止めクリームを塗ったり、脱毛部分を服などの衣類で隠したりしておくことをおすすめします。

2.肌の熱を冷ます

レーザー脱毛を行った肌の部位は、熱を持って火照っている為、冷たいタオルなどで施術を行った部位を冷やすことを心掛けましょう。

また、家に帰った後も火照った感じが継続する場合は、施術を行った部位を冷水で流したりして肌を冷やしましょう。

肌の熱を冷まさないと、炎症の原因になることもあるので、早めに対処することがおすすめです。

3.軟膏やクリームで保湿を行う

レーザー脱毛後は、熱で肌が乾燥しやすいことから、しっかり保湿を行う必要があります。クリニックから処方される軟膏、クリームや市販のクリームなどで肌を保湿し、乾燥を防ぎましょう。

乾燥したままであれば、肌がカサカサになってしまい、肌荒れなどの肌トラブルの原因になるので必ず保湿を行ってください。

 

まとめ

レーザー脱毛は簡単にムダ毛を処理してくれますが、同時に肌に負担をかけてしまう可能性があります。脱毛後のアフターケアは脱毛後の肌トラブルを予防し、肌を綺麗に保つ上で重要な役割を担っています。脱毛後は必ずアフターケアを行い、肌を労わりましょう。

フェミークリニックでは脱毛後の自宅でのスキンケアの注意点などをスタッフがアドバイスなどを行っています。また、冷却装置付の医療レーザー機器を使用しているため、できる限り痛みや熱を軽減する施術を行っています。脱毛に関するお悩みやご希望などがありましたら是非一度フェミークリニックにご相談ください。

関連記事

  1. 何歳から脱毛することができるの?
  2. 脱毛の部位によって通院回数はどのくらい違うの?
  3. ニキビがあっても顔脱毛はできるの?
  4. 永久脱毛をする方法はあるの?
  5. レーザー脱毛の仕組みとは?
PAGE TOP